ペルシャ絨毯の紹介をします。

ペルシャ絨毯の紹介をします。ペルシャ絨毯とはイランで作られている伝統のある絨毯のことで、色々な季節の自然なものを模様にしたデザインで作られていて、とても暖かみのある素敵な絨毯になっています。色々な模様が描かれているので手が込んでいるデザインで高級感があります。最初に作り始めたのは紀元前の古代ペルシアで、その頃は絨毯ではなくてテーブルクロスや壁飾りとして使われていました。素材も天然の素材が使われていて、一番多く使われているのは羊毛でその次に綿や絹が使われます。暖かみのあるデザインとふんわりとした暖かい羊毛の素材との組み合わせがいいです。デザインも色々な種類があり、中心部にメダリオンという大きな模様が描かれているタイプやメダリオンがないシンプルなタイプや幾何学模様のタイプやモスクをイメージしたタイプなどがあります。ペルシャ絨毯は一つ一つ手作りで作られているので高価ですが、ぬくもりを感じられる素敵な絨毯です。

ペルシャ絨毯に憧れる

実用品でありながら美しい芸術性を持つペルシャ絨毯は、使うほどに味わいが増し頑丈にもなっていきます。素材はシルクとウールで生地にはコットンも使われます。天然色素だけで染色されており、その状態を見極めながら調整が必要となる染色作業は熟練した職人さんの手によって行われます。大型のものから玄関マットサイズまで様々な大きさのものがあり、また形も一般的は長方形から正方形・円形・八角形・六角形など豊富です。デザインには風景や動物や植物を織り込んであり、高度なデザイン力が必要とされます。ウールの絨毯は夏は涼しく冬は温かいそうで、しかも空気浄化力もあるとのことで素晴らしい性能を兼ね備えています。一年中快適に過ごせ、しかも経年で強くなっていくとはまさに質実剛健。いつかは手に入れたいと思う、まさに憧れの絨毯です。

本物のペルシャ絨毯が欲しいなら

安価な北欧家具を売る店舗が人気になったことや、DIYブームで自分で安く家具を作ったりすることが増えたこともあって、上質なインテリア家具などは、富裕層が買うものと言うイメージがますます強くなっています。確かに、ローテーブル一台で50万円以上もするようなものは、庶民にはなかなか手が届きません。他にも高価なインテリアとして知られているのがペルシャ絨毯です。一枚一枚職人が手織りで作っているので、同じものが二枚と存在しないと言われています。そして、デザインや色使いが華やかなものが多く、敷くだけで空間を豪華に彩ることができる代物です。しかし、最近は機械で作られているペルシャ絨毯も存在します。そう言ったものは価格がかなり安く設定されているので、本物が欲しい人はあまりにも安いペルシャ絨毯は購入しないことです。

P&G新作発表会にて当店の絨毯が使用されました。私たちはより高品質の絨毯をより安くお届けすることそれ自体が、お客様へのメッセージであると考えております。富裕層ばかりではなく、業界初の分割金利手数料をゼロにするなどして、幅広いお客様にアピールしています。我が社では絨毯の販売ではなく、長く愛用してもらうためにクリーニングやメンテナンスのご相談も承っています。ペルシャ絨毯の専門店はペルシャン・ギャラリー

コメントは受け付けていません。