名刺の渡し方と名刺の印刷

社会人になると会社勤めをした時に会社から名刺が支給されます。お客さんなどに所に行った時には、この名刺の交換をする事がありますが、初めてだとどうしても緊張してしまい上手に渡せないという人も多いのではないでしょうか。しかし、基本を抑えておけば、緊張することなく誰もが上手に渡す事が出来ます。と言うよりも、上手に渡すというよりも、相手に失礼の無いように渡せると言った方が良いのです。交換をする時は、予め準備をしておくといざと言う時に慌てずに済みます。予めの準備というものは、外出する時は少し多目に持って出かけるという事です。そして、お客さんに会社に到着したら、胸ポケットなどに数枚を忍ばしておくと良いのです。予め、先方が何名で訪れるのかが解っているのであれば、その分だけを用意し、後は上着のポケットなどに入れておけば良いのです。

また、名刺入れを用意しておく事を忘れないようにしましょう。丁寧な交換の仕方は、名刺入れの上に置いて相手に見えるようにして渡すのがベストです。この時、裏返してしまったり逆向きにならないように注意しなくてはなりません。相手の名刺を受けとるときは、両手を使い頂くという感じになります。特別難しいものではありませんが、最初は緊張のあまり上手に出来なくても、数回繰り返していくうちに丁寧な渡し方が出来るようになるものです。所で、最近は印刷会社などに名刺を印刷して貰うというよりも、インターネットの中にある簡易プリントを行う業者に依頼をする事が多いと言います。これは短期間に仕上げてくれる事と、コスト的なメリットがあるからなのです。印刷会社などの場合ですと、版下を作り、フィルムを作成し、その後刷版を制作して印刷をします。また、印刷を行った後は、用紙を裁断しますので手間隙が掛かるのです。しかし、簡易印刷を行う業者などの場合ですと、パソコンの画面で版下を制作して、その後オンデマンド印刷にて印刷を行いますので短納期が可能になるのです。中には、午前中に注文を出すと、その日の夕方には名刺が届けられるという業者も多くあります。

特に、営業の仕事をしている人にとっては商売道具の一つでもあるので、量が僅かになったらなるべく早く注文をしておきたいものです。また、印刷会社で制作をして貰うとフィルムなどは何度も利用可能ですが、印刷のコストを考えると、オンデマンド印刷の方が安くなるというメリットがあるのです。