ビジネスの中で名刺を使う必要性。

特に商談や営業を行う事のなる仕事をする場合に、名刺はなくてはならない物です。所持していないと言う事が、自分自身の社会的な評価などを下げてしまう事にもなり兼ねない様な大切なアイテムです。会社などに勤めている場合には会社から準備される事もあるかもしれませんが、自営業であれば主に自分で業者等に依頼し、準備する事になるでしょう。私自身は人と商談をしたり営業活動を行ったりするような仕事に就いていない為、名刺を貰う事は時々あっても自分の物を所持した経験はありません。しかし実家でやっている自営業の仕入れを担当している父は自分で名刺を作って所持しています。商談などの際にはそれを渡し、相手と交換などをしてお互いの素性などを確かめ合っています。会社等に属した上での名刺であれば住所などは会社の所在地などになっている事が多いのではないでしょうか。

次いで自分の役職などが記載されていたり、会社などの連絡先が記載されていたりします。個人的な携帯電話の番号などが書かれている事はまれである事が多いのはトラブルを避ける意味でも大切な事なのかもしれません。実家は自営業の為、父親が所持している名刺には家の電話番号と父親が所有している携帯電話の番号が書かれています。住所に関してはスペースを借り、小さなお店も実店舗として経営している為、そちらの住所が書かれています。名刺を交換するという事は、記載されている内容によっては少しリスクを伴う場合もあります。父親の場合には、Cメールなどでの迷惑メールが増える結果へと繋がったそうです。田舎である為、住所に関してはダイレクトメールなどが沢山来るといった事もないですが、都会の場合であれば色々と郵便物の問題も出るかもしれません。そして何よりも、あくまでも個人情報であるという危険性です。勿論商談であっても予めある程度信頼できる人物と話をするのであり、全く初対面での名刺交換は飛び込みのセールスなど以外では余りしないのではないでしょうか。セールスの場合は自分の名前という個人情報は入っていたとしても、それ以外が会社の物であれば不明です。

初対面で名刺を渡すような事があっても、特に自分に不利益が起こる事可能性は考えられません。しかし、自宅兼店舗などであった場合には、自宅の住所が特定されてしまうと言う事になります。情報化社会の中で、疑心暗鬼になりすぎる事は精神的に疲れてしまう結果を招きます。だからと言って全く自己防衛をしない事は危険であるとしっかり考えておく事が大切です。